令和 3 年度 地域意見交換会を開催しました。

 
本会 安達伸次会長あいさつ
奥出雲町老連 鈴木紘一会長あいさつ
奥出雲町老連 飛田忠副会長
広報 (写真左 : 入会案内、写真右 : 集いの場づくり推進事業)
本会役職員が市町村老連へ出かけ、各地域の活動や課題について情報交換を行う地域意見交換会を開催しました。
9 月 9 日 (木) は、奥出雲町へ出かけ、各地区の活動状況や課題について話し合いました。
奥出雲町老人クラブ連合会では、各地区でペタンク、グラウンド・ゴルフ、健康体操や健康教室といった健康づくり・介護予防活動、サロン開設による集いの場づくり、地域の子どもたちとの世代間交流、しめ縄づくりなどの文化伝承など、活発な活動が行われています。
また、会員増強に取り組み、町人口が減少するなか、令和元年度と令和 2 年度の 2 カ年で 60 名以上の会員増、令和 3 年度は若干減少したものの 60 歳代の若手 10 名以上の会員増を果たしています。
本会の取り組みについてご意見ご要望をいただく機会となり、今後の事業展開に反映させていきたいと思います。