令和 2 年度 老人クラブリーダー研修会を開催しました。

 
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 研究員、一般社団法人 日本老年学的評価研究機構 (JAGES) 理事の宮國 康弘 氏によるオンライン講義
社会参加によるフレイル予防 (宮國 康弘 氏 講義資料より)
社会参加は介護費抑制の可能性 (宮國 康弘 氏 講義資料より)
受講の様子 (隠岐会場)
コロナ対策のため受付はパネルや消毒液を設置 (東部会場)
いきいきクラブ体操 (西部会場)
松江市高齢者クラブ連合会 女性副委員長 山﨑 美智子 氏によるいきいきクラブ体操指導 (東部会場)
出雲市民病院 麻酔科 医師、NPO 法人 シルバー総合研究所 講師の鈴木 正典 氏による回想法指導 (西部会場)
出雲市民病院 麻酔科 医師、NPO 法人 シルバー総合研究所 講師の鈴木 正典 氏による回想法指導 (隠岐会場)
出雲市民病院 麻酔科 医師、NPO 法人 シルバー総合研究所 講師の鈴木 正典 氏による回想法指導 (東部会場)
西部会場 (10 月 6 日) は浜田市総合福祉センター、隠岐会場 (10 月 13 日) は隠岐島文化会館、東部会場 (11 月 2 日) はくにびきメッセを会場に老人クラブリーダー研修会を開催し、各市町村から会員 54 名、会員外 17 名の計 71 名が参加しました。

午前は、国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターの研究員であり、一般社団法人 日本老年学的評価研究機構 (JAGES) 理事の宮國康弘氏によるオンラインの講義「人々のつながりと健康長寿 ~地域づくりによる健康長寿社会の実現に向けて~」。地域づくり活動と健康寿命の関連性について、データに基づいたお話しをいただきました。

参加者からは「データに基づいたお話しで、説得力がある。やっぱり人とのつながりが大切なんだと改めて理解できた」「幸福は伝染 (影響) する。1 人の幸せは 3 人先まで伝染するを実践出来るように頑張る」「コロナ禍でも出会う場が必要と思った」「入会の説明資料として、データに基づき説明するのが楽しみ」等の感想を多数いただきました。

午後は、出雲市民病院 麻酔科医師の鈴木正典氏による講義・演習「想い出語りは元気のもと ~回想法のすすめ~」。集会やサロン等、集いの場で実践できる内容を指導いただき、懐かしい流行曲が流れると自然と歌声が聞かれ、懐かしい道具や写真にあちらからこちらから想い出話しが飛び出しました。

参加者からは「コミュニケーションと会員募集の参考になった」「ユーモアがあり、楽しくリーダーの役割を教えてもらった」「昔話・苦労話・自慢話などテーマを見つけて主役を出していく。準備をして盛り上がりを考えたい」等の感想を多数いただきました。